手軽さが人気のお店

そんなファーストフード店でバイトをするなら・・・

店長の能力が響くシフト

ファーストフード店で働く際には、どういった時間のシフトに入るかによってその忙しさがまるで異なります。
多くのお店で最も混みあうのはお昼の時間帯であり、この時間にはバイトの人数も多く必要となり、十分といえるような数の人員が確保されていても忙しさに追われる時間を過ごすことになるでしょう。
そういった時間に好んで働く人もいれば、お客がほとんど訪れないような時間に働くことを望む人もいるでしょう。
そういった多様な考え方の人が集まっていることが多く、うまく適材適所にしてシフト表が埋まっていけば誰もが嬉しい職場となります。

多くの職場ではそのシフトを最終的に決めるのは店長であり、店長が個人の好みをきちんと把握しているかどうかということが重要となるでしょう。
皆が予定表を提出した際にはパズルのようにしてシフト表を埋めていくのが店長の仕事ですが、複数の選択肢がある中でより働きたいだろうと想定される時間帯に全員を割り振っていけるかどうかは、店長の能力にかかっているのです。
人徳があってバイトとコミュニケーションを頻繁にとる店長の場合には、そういった好みを気にかけてくれる人が多いでしょう。
一方で、上からの目線を変えずに高慢な姿勢をとる人が店長の時には、そういった細かな配慮がなされにくい傾向があります。
こういったことはバイトの士気にも関わることであり、結果としてコミュニケーション能力のある店長がいるファーストフードの方が仕事がうまく回りやすいのです。

Comment

*