手軽さが人気のお店

そんなファーストフード店でバイトをするなら・・・

見えない場所で働くスタッフ

お客様としてファーストフード店に行くと、そこで働いている従業員に対して様々な印象を持つことになるでしょう。
てきぱきと動いていて到底自分にはできそうもないと感じる人もいれば、機械的に作業をしていて簡単そうな仕事だと思う人もいるはずです。
ほとんどのスタッフがバイトによって担われているのが通常であり、学生となるとバイト先の候補として一度はあげてみることもあるでしょう。
実際にそれをやるかどうかという判断基準は、お客様の視点から従業員がどんな仕事をしているかというのを見て決める人が多いはずです。

ファーストフード店で仕事をしてみると、意外に外から見ていたのと中から見るのとでは様相が違うこともあるということは留意しておいたほうが良いでしょう。
外からよく見えるのはホールスタッフとカウンタースタッフであり、多くの店舗ではキッチン周辺はあまり見えないようになっています。
そこでどんな仕事が行われているかということは、お客様の立場からはよくわからないでしょう。
調理と食器洗いが行われている現場ではありますが、そこがサバイバルのように忙しい現場もあれば、会話が飛び交うようなゆったりとした現場もあります。
現場の忙しさはバイトの人数やお店の人気や立地次第ということもあって一概には言えないものの、見えていない部分で働いている人たちがいることには留意した方が良いでしょう。
思っていた仕事と違った、とならないように、まずはその店舗の忙しさや仕事内容についてよく調べるようにしましょう。

Comment

*